マンション投資を失敗しないために自身を磨きましょう

近年では、普通と言われるくらいの収入があるサラリーマンがマンション投資をしていることが多いです。

ですが、トライした人数は多くても成功した人数は数少ないです。

つまり投資に失敗しているのです。

ほとんどの方が失敗しているため『一番儲からない投資』と言われているマンション投資ですが、不動産投資に詳しい方に聞くと、「目先の利益だけしか見えてないから失敗する。不勉強すぎる」

とおっしゃっています。

例えばマンション投資として新築物件を購入した場合ですが、新築時はPR費やパンフレット費用などでどうしても販売価格が上乗せされて高くなり、投資するには効率は悪くなるとのことです。

また節税ができるそうですが、その効果も将来末永く続くものではなく、わずか数年で節税による黒字効果はなくなるそうです。

もし資産運用のことを考えて投資するのであれば新築より中古のほうがいいそうです。

中古ならば市場の適正価格で購入でき、家賃も新築と中古で変わらないので利益が出やすいそうです。

失敗事例を見ていると、手数料が高いからという理由で保証などをつけずに一般管理だけにしたり、物件を購入した業者をしっかり吟味していなかったり、築浅物件で利回りが高いというだけで将来を考えずに購入したりと、ちょっとした『鼻先の欲』や『無知』のために失敗しているマンション投資が多いようです。

中には安く購入できるからと築30年以上経った物件を購入したがリフォーム費など諸経費が思った以上にかかってしまい、家賃を築年数にしては高い設定にしないといけなくなり、その結果物件の部屋が埋まらず空室状態が続いているというマンション投資の事例もあります。

また「これでマンション投資に失敗しない」

と謳っている『成功マニュアル』を熟読して、マニュアルに沿って行動したり確認したりしたのにうまくいかない、ということもあります。

そのようなことを教えてくれるサイトはこちらです。

マンション投資の失敗を回避させよう

しかし、投資家それぞれで個性があるのですからマニュアルで投資方法を画一化できるものではありません。