マンション投資・不動産投資は失敗しない投資

マンション投資・不動産投資のイメージはあまりよくありません。

何となく敷居が高く、失敗するだけというイメージがあるようです。

他にも自己資金(初期費用)がたくさん必要で購入するにしても手元に来るまでの段階が多くて面倒そうなどのイメージもあるようです。

つまり何事を行うにも面倒くさいという、かなりのマイナスイメージが付いているのがマンション投資や不動産投資であると言えます。

しかし株やFXなどと違い、その日その日で価格が変動するようなことは不動産であるため発生することはありません。

また公示価格というものがあり、地元や日本全体では不動産はこれくらいの価格である一種の指標があるので、例え見知らぬ土地でも価格にアタリがつけられます。

手元に来るまで時間がかかるというのも、その間にじっくりと考えることができると思えば苦にならないと思います。

確かにマンション投資には面倒な段取りが多いですが、その分自分でしっかり考えて勉強できる期間が与えられているのです。

マンション投資や不動産投資が失敗しにくい投資である、というのはちゃんと理由があります。

まず価格変動がゆっくりなので対応しやすく対策も取りやすいこと。

価格の変動が短くても1か月はあるので、対応策を講じやすいそうです。

次に強力なライバルが少ないこと。

投資をする方は得てして『一攫千金』を夢見ている方が多く、このような方が投資に失敗するそうです。

そんな方が多いためか本当にライバルと言える方はごく少数。

つまり自分の戦い方ができるということになります。

そしてマンション投資の最大のメリットでもあるのが、融資金額を完済すればその不動産は純資産となり、さらなる投資を行うためのアイテムになるということ。

融資金額を完済したのだから純資産になるのは当たり前で、無担保になった不動産を担保に新たな融資が可能になります。

マンション投資や不動産投資は、投資というよりは事業やビジネスの色が強いものです。

強いて言うならばマンションを経営する個人事業家というものなのです。