マンション投資は実は生活に直結している

マンション投資は『投資』と呼ばれてはいますが、実は事業やビジネスの要素が大変強いそうです。

基本的に『楽して(何もしないで)稼ぐ』ということができません。

デイトレードのような瞬時の判断で損得が分かれることはありませんが、こつこつと実績と経験と知識を積み上げていかないと成り立たないそうです。

そしてマンション投資は数は少ないかもしれませんが確実に需要がある投資です。

人間が人間として生活するためには衣・食・住が最低限必要とされています。

その最低限必要な『住』の部分を投資で供給するのがマンション投資です。

ほとんどの方は生活するために体を休めたり、コミュニティーを作ったりするための住居が必要になってきます。

また近年、日本では人口が減少傾向になっているにもかかわらず、世帯数は増加傾向にあると言われています。

何故かと言うと晩婚化や核家族の増加などが原因で、ファミリー世帯ではなく単身世帯が多くなってきていて『世帯』数が多くなってきているということです。

人口は減ってきているのに、一人で住んでいる方や核家族が多いため世帯数は増えてきている日本では、近年、持ち家率が下がってきているそうです。

したがって賃貸住宅の需要は確実にあるということになるのでマンション投資を行うこともできるのです。

マンション投資を始めて一番気がかりになるのは空室のリスクだと思います。

入居者がいないということは、マンションオーナーの収入がないということですから大変重いリスクです。

しかし、世の中の需要をしっかりと調べて入居してもらえるように努力をすれば必ず入居者は見つかるそうです。

賃貸物件を運用するオーナーの半分は元々裕福で土地持ちの方が多いようです。

そして節税対策で賃貸をしている方が多いので、あまり入居に対する努力をされていない方もいます。

そのために全体の空室率は見かけ上高くなるのですが、世の中のニーズを見極めていけば何も心配することはないようです。

マンション投資は生活に直結しているビジネス要素の強い投資なのです。