マンション投資はあくまで投資用として購入する

マンション投資に成功しない方の中には、投資物件を投資用や運用物件とは考えずに、自身が住んでみたい、または住むことが前提という基準で選んでいる方が多いようです。

このような基準になると購入する物件の価格はかなり高くなるとみていいでしょう。

自身はあくまで運用できる物件を探しているはずです。

自身が住むという基準で物件を探してしまうと、ほとんどの場合で高額な家賃の物件を購入してしまうそうです。

マンション投資をするために物件を購入しようとする方と、賃貸物件に入居しようとしている方とでは、物件を見る目線がまったく違います。

高額賃料物件ともなると、よほど立地条件が良いとか、利便性をアピールしない限りは入居者が決まりにくいと言われています。

近隣のマンションにはない設備もあったりしますが、必ず必要な設備でもなかったり、設備の維持や交換費用がかさんだりと、あまりいいことはないそうです。

マンション投資をするのなら借りる方目線で物件を購入したほうがいいようです。

では、マンション投資をする上でどのようにして物件を選べばいいのでしょう。

まずは自身が住みたいという基準で物件を選ばないことが第一です。

広さや設備、日当たり、窓の向きなどを「自分が住むなら…」

という基準で選んでしまうと、マンション投資ではなく自身の家を探しているようなものになります。

賃貸物件に入居しようとしている方が、もっとも気を使ってもっとも気にしている条件は『家賃』です。

そして次に『立地』です。

広さや設備はあまり気にしていない方が多いようです。

理由としては、ほとんど日中は仕事や学校で部屋にいないため日当たりを気にしない、単身者の場合だと一人が住まうことができれば大丈夫なので多少の狭さは気にしないなど実にいろいろな理由があります。

近隣の家賃の相場から外れたりしないように家賃を設定したいので、賃料や立地をしっかりと吟味し、建てられて何年経ったかを確認して、確実な物件を購入することがマンション投資を成功に導くことができるのではないでしょうか。